京都時代祭り

 京都時代祭りは、1895年(明治28年)に行われた平安神宮の創建と平安遷都1100年祭の保存のため、市民により組織された平安講社の記念行事として始まりました。
 京都時代祭りは、桓武天皇が794年(延暦13)に長岡京から平安京に都を移された日、すなわち京都が誕生した10月22日に行われます。

 京都時代祭りは、「京都をおいて他にはまねのできないものを」という、京都人のこころいきと誇りがふんだんに織り込まれ、時代祭りで使用される1万2000点余りの調度、衣裳、祭具は時代考証を綿密に重ねて復元された本物ばかりです。

 京都が1000年の間、都として培って来た伝統工芸技術の粋を集めて造られたものばかりで、まさに京都をおいて他にはまねのできないものです。

 また、京都時代祭りの特色は、神幸祭、行在所祭、還幸祭の神儀のほか、「一目で京の都の歴史と文化が理解できるものを」という想いから、明治維新から延暦時代へ1000余年さかのぼって、順次風俗、文物の変遷を再現する市民参加の時代風俗行列が行われることです。

 京都時代祭り行列は、現在も京都全市域からなる市民組織「平安講社」によって運営されています。

 当初は6列、人員500名の規模でしたが、大正10年には8行列、昭和6年には10行列となり内容も充実してきました。

 京都時代祭りは、昭和19年から戦争で中断しましたが、昭和25年新たな行列が加わって再興され、いっそう豪華なものとなりました。

 現在では明治維新時代、江戸時代、安土桃山時代、吉野時代、鎌倉時代、藤原時代、延暦時代の7つの時代を18の行列に分けて1列ずつ担当しています。

 また、京都の祇園(甲部)、先斗町、宮川町、上七軒、祇園東(乙部)の5花街が輪番で「江戸時代婦人列」「中世婦人列」「平安時代婦人列」を奉仕担当しています。

 総勢で約2000名もの人々が参加する時代祭の行列は、山国勤王隊を先頭に、正午、京都御所建礼門前を出発、烏丸通、御池通、河原町通、三条通から平安神宮まで4.5キロ間に行列の長さは2キロに及ぶ生きた時代絵巻が繰り広げられる一大行列となっています。
 
 京都時代祭りは、祇園祭、葵祭とともに京都三大祭の一つに数えられています。

 そしてこの京都時代祭りの真の意義は、平安神宮のご祭神、桓武天皇と孝明天皇のご神霊に京都の市中を巡行していただき、市民の暮らしぶりを親しくご覧いただく神幸列にお供する祭列であるということです。

 京都全市民が心を一つにゆくさきの平安を祈る祭礼、それが京都時代祭りなのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3123410

この記事へのトラックバック